03-4563-8510
電話受付時間 : 9:00〜21:00
ABCコラム第4号 損益分岐点管理とは?

損益分岐点とは?その計算方法と限界利益
今回は損益分岐点について説明します。どの様な事業でも利益計上が求められますが、エンジェルビジネスセンターとしても、格安バーチャルオフィス、格安シェアオフィス会員の皆様に損益分岐点管理の仕組みを提供しております。
1.損益分岐点とは?
損益分岐点( break-even point, BEP)は、売上高と費用の額がちょうど等しくなる、即ち損益=ゼロとなる売上高または販売数量 を指す。以下のようによく図示されます。

詳細画像2

2.損益分岐点の計算方法

詳細画像3

固定費 売上の増減に関係なく発生する費用です。人件費や地代家賃です。
変動費 売上の増減に比例して増減する費用です。商品や材料の仕入高、人件費、外注費などです。
じょうきさんしきでさんしゅつされるそんえきぶんきてんうりあげだかをくろじにするためエンジェルビジネスセンターでは、固定費を切り詰め、変動費を抑える努力を徹底しております。



3.限界利益の管理
限界利益と変動費、固定費を図示すると以下のようになります。

詳細画像4

「売上高から変動費を差し引いた利益」を「限界利益」といいます。利益を出すためには固定費を上回る限界利益が必要です。利益を大きくするには 
1.固定費を減らす
2.限界利益率を上げる=変動費を減らす
ことが必要です。
エンジェルビジネスセンターでは、大手町という日本ビジネス界の中心に事務所を構え、住所登録も可能です。創業支援活動にも力を入れており、格安バーチャルオフィス、格安シェアオフィスを提供するレンタルオフィスです。無料で郵便物店サービスもやっております。よろしくお願い致します。